副作用が起きるかも!?エンジェルアップの間違った飲み方5つ!

副作用

 

エンジェルアップは正しい飲み方をすれば副作用もなく、安全に飲むことができます。

 

しかし、間違った飲み方をすると、効果が出ないだけでなく、副作用が出る可能性があります。

 

間違った飲み方って?

 

エンジェルアップの間違った飲み方は

 

  • 1日4粒以上飲む(過剰摂取)
  • 生理中に飲む
  • ジュースで飲む
  • お酒で飲む
  • 妊娠中や授乳中に飲む

 

です。

 

これらをすると、効果が出なかったり、副作用が出る可能性があるのです。

 

1日に4粒以上飲む(過剰摂取)

 

エンジェルアップは1日3粒が規定量になります。

 

イソフラボンの400倍も女性ホルモンの分泌を促進すると言われている、プエラリアという成分が含有されています。

 

3粒までなら安全に女性ホルモンを増やすことができますが、過剰摂取すると、女性ホルモンが増えすぎて、ホルモンバランスが崩れて、体調不良や生理不順、不正出血や子宮がんなどになると言われています。

 

必ず規定量は守って飲みましょう。

 

生理中に飲む

 

生理中はホルモンバランスが不安定で乱れやすくなります。

 

そのためエンジェルアップを飲むと副作用が起こる可能性があります。

 

ただ、エンジェルアップは毎日飲み続けることでバストアップ効果がでやすくなるようです。

 

そのため生理中でも1粒だけ飲んでいるという方が多いようです。

 

生理中の服用は体調に合わせて決めると良いでしょう。

 

生理中に飲む場合は1日に1粒にとどめてくださいね。

 

ジュースで飲む

 

エンジェルアップは水かお湯で飲むということが決められています。

 

水と違いお茶やジュースにはさまざまな成分が含まれています。

 

そのためお茶やジュースに含まれた成分がバストアップ成分の効果を邪魔してしまう可能性があります。

 

もしエンジェルアップの成分とお茶やジュースの成分の相性が悪いと副作用が出てしまう可能性があります。

 

どのジュースとエンジェルアップの相性が悪いとかどの成分の相性が悪いとかはこちらで書くことができませんが、ジュースで飲むことはできないとだけは知っておいてください。

 

エンジェルアップを飲むときは必ず水かお湯で飲むようにしましょう。

 

お酒で飲む

 

お酒とバストアップサプリは実はものすごく相性が悪いです。

 

その理由は女性ホルモンにあります。

 

女性ホルモンはアルコールを分解する働きを抑える効果があります。

 

そのため女性ホルモンが増えると、アルコールを分解する力が弱くなり、酔いやすくなったり、二日酔いしやすくなったり、アルコールを分解するために肝臓が余計に働かきゃいけなくなるので、肝臓に非常に負担がかかります。

 

エンジェルアップもプエラリアミリフィカやブラックコホシュなど、女性ホルモンの分泌を促進させるような成分が含まれています。

 

そのためお酒で飲んだり、エンジェルアップを飲んでいるときにお酒を飲むと上記のようなことが起きやすくなりますので絶対にやめましょう。

 

妊娠中や授乳中に飲む

 

妊娠中や授乳中は女性ホルモンの分泌がよくされているので、エンジェルアップを飲んでしまうと、女性ホルモンが増えすぎてしまう可能性があります。

 

増えすぎるとホルモンバランスの崩れで副作用が起きる可能性が出てしまいます。

 

さらに妊娠中や授乳中は胎児や乳児にも成分が栄養としてわたってしまうので、なんらかの影響が出る可能性があります。

 

胎児や乳児への影響に関する口コミや報告は特に見られませんが、怒ってからでは遅いので、妊娠中や授乳中の期間のエンジェルアップの服用はやめましょう。

飲み方さえ守れば安全!

 

このように間違った飲み方さえしなければ安全性の高いバストアップサプリになります。

 

もし本気でバストアップしたいという方はぜひエンジェルアップを使ってみてください。

 

エンジェルアップと不妊の関係をチェック!